linuxとは何か

一口にITと言っても実に様々な職種があります。
デザイン系の仕事をしている方もいれば、プログラムに携わる仕事をしている方もいるでしょう。
保守や点検を中心に仕事をしている方もいると思います。

IT業界では様々な知識が必要となるため、「新たに身につけたい知識がある」という方も多いでしょう。
その中には、「linuxを身につけたい」と考えている方もいるのではないでしょうか。
そもそも、linuxとは商用製品となるOSのことを言います。
一般的に販売されているソフトウエアの場合には利用制限が付いてしまいますが、linuxの場合は基本的にフリーとなっており、誰でも自由にソースコードを閲覧することや改良を行うことが出来ます。
linuxの知識を持っていれば、様々な公開配布が出来るということになるのです。
ソースは全て公開されていますから、万が一不正処理などを行った場合には、動作検証を行うことが出来ます。
それぞれの目的に合わせてソースを作ることが出来ますから、とても魅力的です。

linuxのメリットは、やはり無料で公開されているというところにあります。
今やシステム開発におけるOSの中でlinuxはトップの普及率となっているため、それを扱えるlinuxエンジニアが重宝される存在となっています。
扱える人材が不足している今だからこそ、linux技術を習得出来ればエンジニアとしての幅が広がるでしょう。

コメントを残す